トップページ | 全国シニア演劇大会2011

全国シニア演劇ネットワーク通信・第一号

機関紙ができました。
以下のボタンからダウンロードできます。

全国シニア演劇大会2011は、無事に終了いたしました。
たくさんの御来場、本当にありがとうございました。
本大会の、ながれや、会計報告については
12月上旬ごろまでに、まとめて報告書を作る予定です。
参加してくださいました劇団の皆様には
心より感謝申し上げます。
各地での御活躍を心よりお祈り申し上げます。
また、あいましょう!!
全国シニア演劇大会2011実行委員会より

花ひらけ!全国シニア演劇大会2011

~文化庁助成事業・第23回池袋演劇祭特別参加~

全国には、たくさんのシニア劇団があります。そこには、人生経験を土台に、体と声を使って舞台表現したいという、積極的なシニア世代が集まっています。日々の稽古に励み、心身の健康を保ちながら、舞台で演じる元気な姿は、観る人に大きな感動を呼び起こし、勇気と希望を与えています。このように、高齢者がさまざまな夢に挑戦しながら、活動する時代が、今、到来しています。この大会では、北海道から宮崎まで16劇団(約220人)が東京に結集し、日ごろの成果を発表します。3月の震災で大きな打撃を受けた宮城県の福祉劇団「鶴亀」、昨年の口蹄疫で苦しんだ宮崎県「のべおか笑銀座」、88歳の看板女優を抱える福井県「ババーズ」など、どの劇団にとっても勇気と決意の東京公演です。
この機会に是非、熟年世代の底力を沢山の方に観て、楽しんでいただきたいと思います。

お楽しみ企画

4作品ご覧になると、地方特産物のプレゼントがございます。
10作品でもうひとつ!!
16作品制覇で、全劇団からのプレゼントBOXをさしあげます。